google-site-verification=qor646cRt4HPOb1tTZHYe9i_2gnzNri-Tbj6xkiQybA ノキシジルの副作用

ノキシジルの副作用について

ノキシジルの副作用

ノキシジルは優れたAGA改善効果がある医薬品ですが、身体に対してかかる負担なども多く、使用方法を正確に把握した上で使用したとしても、副作用が現れる場合があります。
それゆえ、ノキシジルを使用してAGA治療を行う際には副作用の症状、対処法、そして可能なのであれば発症原因などを把握し、その上で使用する必要があります。
安全なAGA治療を行うためにも、ミノキシジル製剤であるノキシジルを服用することによって起こる副作用にはどのような症状があるのかを知っておきましょう。

主な副作用について

まずノキシジルの副作用のなかでも一般的に知られているものについて紹介します。
まず軽度の症状としては嘔吐、目眩、動悸、浮腫、血圧の低下があります。
これらの副作用はノキシジルに使用されているミノキシジルによって起こる副作用です。

ミノキシジルは本来高血圧症薬に使用する成分として開発されたものです。
したがって、ミノキシジル製剤を服用すると体内の血管が拡張された状態になります。
この作用自体はミノキシジルの意図した作用であるため、発生自体が問題となることはありません。
しかし血管の拡張によって各種消化器の機能が低下した状態となる、貧血を起こしたような状態になる場合があり、そういった時には上記のような副作用が見られるようになるのです。

各種副作用の中でも特に注意が必要なのは血圧の低下です。
高血圧症の改善を目的に作られたミノキシジルの降圧作用は非常に高く、血圧が平均値もしくはそれ以下の人に副作用として血圧の低下が現れると、低血圧の症状を起こす場合があります。
低血圧は軽度であれば危険な事態を引き起こすことはありませんが、重度な症状になると命にかかわることもあるため、注意が必要です。

多毛症について

ミノキシジルを使用したAGA治療薬。
その中でも特に内服薬特有の副作用として「多毛症」があります。
多毛症は文字通りの副作用で、毛が多くなる副作用です。

毛髪の成長が促進され、頭皮の毛が多くなる、つまり髪が生えるというのは意図した作用です。
しかしノキシジルの服用によって体中にミノキシジルが行き渡ると、腕やすね、胸部といった意図していない部位に対して多毛の症状が現れる場合もあります。
そういった意図していない毛の増加は「多毛症」と呼ばれる副作用になります。

多毛症はミノキシジルを定期的に摂取している間は治まることがない症状のため、ノキシジルの使用によって起こった場合、完全に沈静化させることはできません。
対処法としてはミノキシジル含有量の少ない製品や外用薬に変える、脱毛を行う、という方法があります。

内服薬と外用薬の副作用の違い

ミノキシジルを配合したAGA治療薬には内服薬と外用薬が存在しています。
内服薬はノキシジルなどの経口摂取を行うミノキシジル製剤があり、外用薬はロゲインなどの患部に対して直接塗布して使用する製品があります。
この2つの製品は効果の現れ方に大きな違いがありますが、更に大きな違いとして「副作用の現れ方と症状」があります。

内服薬と外用薬は使用方法が異なるだけでなく、ミノキシジルが影響を及ぼす部位にも大きな差があり、外用薬は使用した部位にのみ効果が出ます。
したがって、副作用が現れるのも薬液を塗布した部位、つまり頭皮の一部分だけなのです。
そして症状も内服薬のように全身症状ではなく、塗布した部位の痒みや赤らみ、フケの増加といった皮膚症状が大半となります。
このことから、内服薬と外用薬を比較した場合、内服薬のほうが副作用の重さや現れやすさが高くなっています。

効果の強さを取るか安全性を取るかは使用者次第ですが、もし副作用の強さをネックに感じたのであれば、外用薬の使用を検討してみるのも良いかもしれません。

副作用が気になる場合は?

ノキシジルを使用した際に現れる各種副作用ですが、一部の危険な症状を除き、多くは身体に対しての影響がそこまで大きくはなく、副作用が現れても継続使用が可能です。
しかし人によっては副作用で何かしらの異変が身体に現れ、不安を感じることもあるでしょう。
そういった時には無理に我慢をすること無く、素直に病院へ行き、医師による診察を受けた上で処置が必要なのであれば、適切な処置を受けるようにしましょう。

まとめ

ミノキシジル製剤を使用した際に現れる副作用は内服薬と外用薬で違ったものになっており、全身にミノキシジルを行き渡らせる内服薬のほうが副作用の発生率が高く、症状も重くなっています。
したがって、ノキシジルを使用する際にはミノキシジルを摂取した際に起こる副作用の内容、そしてそれらの症状に対しての対処法などを把握した上で使用するようにしましょう。

ノキシジルを使用した際に副作用が現れ、身体の異変に不安を感じる場合もありますが、そういった時に我慢をすることなく、近隣の医療機関を受診し、医師の診察と処置を受けるようにしましょう。

最後に、ここでは紹介していませんが副作用として現れる症状の中には過敏症などの症状もあります。
過敏症は時に命にかかわる事態を引き起こす場合があるため、使用の際に何かしらの過敏症が起こった際にはすぐさま治療を受けに行くようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました