google-site-verification=qor646cRt4HPOb1tTZHYe9i_2gnzNri-Tbj6xkiQybA ノキシジルの作用機序

ノキシジルの作用機序について

ノキシジルの作用機序

ノキシジルには有効成分として「ミノキシジル」という物質が配合されています。
ミノキシジルは1960年代にアメリカの製薬会社アップジョン、現ファイザーが開発を開始した物質です。
その後、AGA治療薬であるロゲインにミノキシジルが配合されるようになるまで、約20年の年月を要しました。
しかし実はその間にもミノキシジルを配合した医薬品は製造・販売されていました。
どうしてAGA治療薬としての販売にそこまで時間がかかったのか、それはミノキシジルという成分の本来の使用目的などが大きく関係しています。
ここではノキシジルの作用機序、そしてノキシジルに配合されているミノキシジルという物質について紹介をします。

有効成分はミノキシジル

最初にノキシジルに配合されている成分について紹介です。
ノキシジルには有効成分として「ミノキシジル」という物質が配合されています。
このミノキシジルという物質の作用としては、体内に存在している血管を拡張させる効果があります。
ノキシジルを服用し、ミノキシジルが身体に取り込まれると、体中の血管がミノキシジルの作用によって拡張されます。
血管というのは水道や用水路のようなもので、細い状態の血管に流せる血液の量と拡張した血管で流れる水の量には大きな違いがあります。
ミノキシジルによって体内の血管が拡張した状態になると、体中の血液がスムーズに流れるようになります。

血液には多くの栄養分が配合されており、その中には髪の成長に対して影響を与えるものもあります。
血管の拡張によって体中に血液がスムーズに流れるようになると、毛根の根元部分にある、髪の成長に影響を与える部分にも血液が流れ込みやすくなります。
その結果、髪の成長が促され、成長速度が急激に上昇するような状態となり、AGAを発症した状態でも髪が生えるようになるのです。

元々は血管拡張剤

ミノキシジルの作用の仕組みを簡単に解説しましたが、更に簡略化した上で作用の仕組みを説明すると、血管の拡張が発生して髪が伸びる、というものになります。
この作用の流れのうち、ミノキシジルの本来の作用というのは「血管の拡張」という部分になります。
というのも、ミノキシジルというのは本来育毛や発毛を目的として作られた医薬品ではなく「高血圧の治療
を目的として作られた物質だからです。

ミノキシジルの開発が始まったのは1960年代ですが、この際ミノキシジルは高血圧症と呼ばれる、過剰に血圧が上昇する症状の治療薬に使用される成分として開発され始めました。
そしてその後、1980年代に現ファイザーがミノキシジルを配合した育毛剤、ロゲインを販売するまでは、ミノキシジルの主作用というのは一般的に「血管拡張作用
と紹介されていたのです。

副効果で発毛、育毛

ミノキシジルの本来の作用は血管の拡張作用です。
実は今現在主作用として扱われている発毛・育毛作用は、もともとはとある医薬品の副作用だったのです。

ミノキシジルの研究や開発を行っている最中、偶然にミノキシジルの持つ発毛作用や育毛作用というものが発見されました。
そしてこの毛を生やす、増やすという副作用に注目をした上で、この作用を主作用として活かすように作られた医薬品、それが今現在販売されているロゲインやノキシジルのような医薬品なのです。
ミノキシジルのように本来副作用として発生していた現象を主作用として置き換えた医薬品は非常に多く存在しています。
そしてこういった副作用を主作用に置き換えた医薬品も、身体に対しての安全性などを実験によって確認しなおした上で販売や処方の承認が下りています。
したがって、服用・使用した際に発生する副作用等に対しての不安や不信感といったものをもつ必要はありません。

まとめ

ノキシジルの有効成分として配合されているミノキシジル、この成分が本来持っている作用というのは体内の血管を拡張させるといったものです。
体内の血管が拡張した状態を作り出し、血液が流す際に必要となる圧力を低下させ、血圧を下げるような作用が本来の作用となっています。
しかしこの血圧を下げる際に発生する血管の拡張、この作用によって毛髪の成長に必要な栄養が毛根の根本にある細胞に送られ、髪の成長速度が上昇するのが判明しました。
それ以降、現在販売・処方が行われるAGA治療薬のロゲインやノキシジルのようなAGAである治療薬が作られるようになりました。
ミノキシジルの発毛・育毛作用は、全くの偶然によって発見され、その結果今現在多くの人が使用するAGA治療薬が作られることになったのです。

タイトルとURLをコピーしました