google-site-verification=qor646cRt4HPOb1tTZHYe9i_2gnzNri-Tbj6xkiQybA ノキシジルの飲み方

ノキシジルの飲み方について

ノキシジルの飲み方

ノキシジルの使用効果を正常かつ確実に体感したいのであれば、用法用量を準拠した服用を心がける必要があります。
服用の際に守るべきものとしては、まず服用するタイミング、そして服用するノキシジルの量があります。
この2点を把握した上で使用すれば、確実な効果を得ることが可能です。
そして正常に効果を得る上で大切なこととして、「安全に使用するための注意点」があります。
使用してはいけない人が使用してしまった、一緒に服用してはいけないものを服用してしまった、そういった万が一の事態は安全のためにも回避する必要があります。
ノキシジルを服用する際には、使用する上で注意すべきことについてもあわせて知っておくようにしましょう。

タイミング

初めに紹介するのは「ノキシジルを使用するタイミング」についてです。
使用するタイミングに関しては実は厳密に定められてはいません。
したがって、服用の際には自分が使用しやすいタイミングでの服用が可能となっています。
しかし注意をしないといけないこととして、ノキシジルは「24時間周期で服用しなければならない」という点があります。
ノキシジルに配合されているミノキシジルというのは、常に一定量以上の成分を体内が残存していなければ、正常な効果が現れません。
数分のズレなど、多少の誤差程度であれば急激に効果が落ちることはありませんが、数時間ものズレが発生してしまった場合、効果に大きなブレや弱まりが発生してしまうのです。
したがって、ノキシジルを服用する際には毎日確実に服用できる時間に初回の服用を行うようにしましょう。

服用量・推奨量

次に服用量についてです。
ノキシジルを服用する際、1回の服用で錠剤1錠、有効成分であるミノキシジルで言えば5㎎分を服用します。
飲み忘れが発生した際に2回分を同時に服用し、10㎎のミノキシジルを摂取してしまうと、副作用の発生や増強など、身体に対して悪影響を及ぼします。
したがって、1回の服用で摂取するミノキシジルは飲み忘れをしてしまったとしても、ミノキシジル5㎎分までに抑えておくようにしましょう。

ノキシジルを服用できない人

次にノキシジルの服用が禁忌となる人についてです。
ノキシジルの服用が禁忌となる条件として挙げられるのは、血圧降下薬、降圧剤と呼ばれる医薬品を使用している人です。
ミノキシジルという成分はもともと高血圧症の治療薬に使用するために開発された成分のため、血圧を大きく下げる降圧作用があります。
したがって、ノキシジルと血圧降下薬などを併用すると、効果の重複によって生命活動に影響が出るほどの血圧低下を引き起こします。

また、心疾患や肝疾患を発症している人の服用も禁忌です。
これはノキシジルの服用によって、循環器の働きが大幅に乱れ、動悸や息切れなどの危険な症状を引き起こす場合があるためです。

最後にノキシジルの有効成分であるミノキシジルに対しての過敏症がある人、この人はノキシジルの服用により、危険なショック症状を起こす恐れがあるため、使用が禁忌となっています。

以上の条件に該当する場合、ノキシジルの服用は避けるようにしましょう。

ノキシジルの注意事項

ノキシジルを使用する上での注意点としては、まず未成年者や高齢者、妊婦、妊娠の可能性のある女性、授乳中の女性の使用に関する点です。
これらの人物というのは、身体が成長段階にある、代謝機能が低下している、胎児や幼児に対しての影響が発生する恐れがあることから、ノキシジルの使用が原則禁止されています。
したがって、上記の条件に該当する場合はノキシジルを使用するのは控えるようにしましょう。
次にアルコールとの併用です。
アルコールは一時的な昇圧作用がある物質ですが、一定時間が経過すると昇圧作用が降圧作用に切り替わります。
したがって、アルコールを摂取した後にノキシジルを摂取すると、血圧の過剰な低下を引き起こす恐れがあります。
アルコールが完全に身体から抜けるまでの時間は体質などによっても異なりますが、用心をするのであればアルコールを摂取した後は24時間程ノキシジルの服用を控えるのが良いでしょう。

ノキシジルの併用禁忌薬

最後にノキシジルとの併用が禁止されている医薬品についてです。
まず初めにイブプロフェンです。
この成分は一般用医薬品として販売されている鎮痛剤や風邪薬にも配合されている成分ですが、この成分とミノキシジルは非常に相性が悪く、併用により重篤な副作用を引き起こす恐れがあります。

次にスマトリプタン、これは片頭痛の鎮痛に特化した医薬品に使用される成分です。
スマトリプタンは血管を収縮させる働きがあるため、ミノキシジルと併用した場合、血圧のコントロールが正常に行われなくなり、大幅な乱れを生み出し危険な症状を引き起こす恐れがあります。

そして降圧剤全般、これはノキシジルに使用されるミノキシジルがもともと降圧剤として開発されていたことが関係しており、併用により血圧の異常低下を引き起こすためです。

最後にバイアグラなど、ED治療薬全般です。
ED治療薬には全身の血管を拡張させる作用があるため、ノキシジルとの併用によって作用の重複が発生、その結果血圧の異常低下を引き起こす恐れがあります。

以上の医薬品との併用は非常に危険なため、併用は絶対に回避するようにしましょう。

まとめ

ノキシジルを安全かつ有効に使用するうえでもっとも重要なのは、使用上の注意を準拠するということです。
当ページで示した注意点は以下になります。

  • 服用のタイミング
    ……かならず24時間周期で服用する
  • 服用量
    ……1回の服用で錠剤1錠(5㎎分)。自己判断で増減しない
  • 服用が禁忌となる人
    ……血圧降下薬、降圧剤を使用している人、心疾患や肝疾患の患者、過敏症がある人
  • 併用が禁止されている医薬品
    ……イブプロフェン、スマトリプタン、降圧剤全般、バイアグラなど、ED治療薬全般

以上の注意点を必ず把握したうえで、服用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました