google-site-verification=qor646cRt4HPOb1tTZHYe9i_2gnzNri-Tbj6xkiQybA ノキシジルはAGA治療薬

ノキシジルはAGA治療薬です。

ノキシジルはAGA治療薬

薄毛の症状を改善するのに非常に優れた効果を発揮するミノキシジル製剤、ノキシジル。この医薬品は薄毛の中でも特に「AGA」という症状に対して優れた効果を発揮します。
AGAはAndrogenetic Alopecia、日本語で男性型脱毛症という名称の薄毛症です。
男性型という名称からも分かるように、AGAは男性にのみ現れる薄毛の症状で、一度発症すると専用の治療薬を使用しなければ症状の進行抑制などが厳しいと言われています。
そしてそんなAGAの進行抑制、治療に優れた効果を発揮するのがノキシジルなのです。

ここでは以上にあげたAGA治療に用いる医薬品、AGA治療薬とはどういった医薬品なのか、そしてそもそもAGAとは何か、最後にAGA治療薬にはどういった製品が存在しているのか、というのを紹介します。

AGA治療薬とは?

最初にAGA治療薬とは何か、というのを紹介します。
AGA治療薬は、その名前の通りAGAの症状を治療するのに使用する医薬品のことです。

まずAGAついて簡単に説明すると、体内に存在する男性ホルモンの影響によって発症する薄毛です。
発症原因が男性ホルモンであるため、一般的なストレスなどによって起こる薄毛とは治療方法が大きく異なるという特徴があります。
そして治療方法が違っているということは、既存の育毛剤などではなくAGA治療を専門に行う、AGA治療薬が必要となるのです。

AGA治療薬の仕組みとしては大きく2つ、髪の成長を促進するものと、髪が成長できるようにするものがあります。
ノキシジルはこの2つのうち前者、髪の成長を促進するような効果がある医薬品となっています。

AGAについて

AGA治療薬を使用することによって改善できる脱毛症。
本項ではその症状の詳細について紹介します。
AGAというのはAndrogenetic Alopeciaという名称を略した脱毛症で、日本語では男性型脱毛症と呼びます。
そのおもな発症原因は、体内に存在している男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)
です。

ジヒドロテストステロンはもともと別の男性ホルモンである「テストステロン
というものです。
しかし体内でテストステロンが酵素と接触し、変質を起こすことによってテストステロンからジヒドロテストステロンへと変化します。
ジヒドロテストステロンは筋肉の成長など非常に重要な役割をもつ男性ホルモンですが、強力な力を持つがゆえに、身体に対して悪影響をおよぼすことがあります。
その悪影響の1つが薄毛の症状です。
ジヒドロテストステロンの影響で髪の成長サイクルが乱れることにより、この薄毛は引き起こされます。
以上が男性のみが発症するAGAのメカニズムです。

その他のAGA治療薬

AGAの治療・改善に用いるAGA治療薬には多くの製品があります。
AGA治療薬の効果は、成長サイクルの乱れてしまった毛髪に対しなんらかの影響を与えて症状の改善を行うというものです。
この毛根に対して影響を与える際、「どういった方法でアプローチをかけるか」といった違いにより、AGA治療薬の種類は分かれます。
ここではAGA治療薬の中でもミノキシジルを使用した製品とは全く違った方法で薄毛を改善する2つの医薬品、プロペシアとザガーロについて紹介をします。
どちらもミノキシジルとは全く違った作用の仕方、メカニズムによって薄毛を改善するため、薄毛の改善・治療を行いたいという時には作用の仕組みをチェックしてみましょう。

プロペシア

最初に紹介するAGA治療薬は「プロペシア」です。
プロペシアはアメリカの「メルク」という製薬会社が製造するAGA治療薬で、有効成分には「フィナステリド
という物質が使用されています。
そしてこのプロペシアという製品は、AGAの根本的な原因である男性ホルモンに対して作用します。

もともとフィナステリドという物質は前立腺肥大症の治療薬に使用する成分として開発されており、1992年には前立腺肥大症治療薬の「プロスカー」として販売が始まりました。
しかし販売後の研究と実験から、成分配合量を減らしたプロスカーを使用することにより、抜け毛が減り、髪が増えることが発覚し、現在のAGA治療薬である「プロペシア」が開発されました。

プロペシアは男性ホルモンの活動を抑制するような作用がある医薬品です。
したがって、プロペシアを使用するとAGAの原因であるジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぎ、髪の成長サイクルが乱れた状態から元に戻ります。
その結果、髪が正常に成長し、生えてくるようになるのです。

ザガーロ

次に紹介するAGA治療薬は「ザガーロ」です。
ザガーロはイギリスの製薬会社である「グラクソ・スミスクライン」が製造する製品で、有効成分として「デュタステリド」を配合しています。
デュタステリドの作用の仕組みは実はプロペシアに配合されているフィナステリドと同じものです。
したがって、使用後の効果の現れ方というのはプロペシアとザガーロで違いがありません。
しかし大きな違いとして、プロペシアでは予防ができない薄毛の予防も可能である、という特徴があります。

テストステロンをジヒドロテストステロンへと変質させる酵素は「5α還元酵素」と呼ばれる酵素です。
この酵素には1型、2型、3型という3種のものがあり、ジヒドロテストステロンは2型の酵素とテストステロンが結合する事により作られます。
フィナステリドはこの中でも2型の酵素の活動を阻害する力に特化している医薬品ですが、デュタステリドは2型だけでなく1型の活動も阻害する働きがあります。
このことから、1型の酵素とテストステロンの結合によって起こる薄毛の症状などに対しても、デュタステリドを使用したザガーロは効果的なのです。

まとめ

AGAの治療を行う際に知っていただきたいのは、AGA治療薬には多くの種類があるということです。
例えばノキシジル、この製品はAGAの根本的な原因であるジヒドロテストステロンの活動に対して影響を与えず、毛髪を成長させるような作用があります。
それに対してプロペシアやザガーロはジヒドロテストステロンの生成を抑制する事によって、髪が自然に生える環境を作り出すような作用があります。
こういった作用の違いは使用感の違いを生み出す要素となります。

また、AGA治療薬は非常に強い効果がある反面、身体に対して与える影響なども大きい製品です。
AGAを治療する際には、自分の体質や体調に合ったものを使用しましょう。
少ない負担で確実なAGAの治療を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました