google-site-verification=qor646cRt4HPOb1tTZHYe9i_2gnzNri-Tbj6xkiQybA ノキシジルはミノキシジルタブレット

ノキシジルはミノキシジルタブレットです。

ノキシジルはミノキシジルタブレット

薄毛の治療に効果が高いミノキシジル製剤。
そのなかでも特に優れた効果があるのが「ミノキシジルタブレット」です。
この製品はミノキシジルを錠剤型にした経口薬で、服用後は胃や腸から吸収され血液に乗って全身に行き渡り、薄毛に対し改善効果を発揮します。
ミノキシジルタブレットを手軽に試したい、そんな人にオススメの製品が「ノキシジル」です。
このノキシジルという製品は、ミノキシジルタブレットを基にして作られたジェネリックの製品です。
そのため、販売価格は非常に安く、それでいてミノキシジルタブレットが持つ優れた薄毛改善効果を体感できる製品となっています。
ここではそんな優れた効果のあるノキシジルについて、そして有効成分である「ミノキシジル」について紹介します。

ミノキシジルタブレットは推奨度が低い

日本皮膚学会が出している、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(20017年版)に、脱毛症の治療方法の推奨度をアルファベットのA~Dで表しています。

Aが一番推奨度が高く、そこから順に下がっていき、一番下はDになります。

ミノキシジルの外用薬はAなのですが、内服薬であるミノキシジルタブレットはなんと推奨度が一番低いDなのです。
そしてミノキシジルの内服を行うべきでないと記されています。

これはミノキシジルの内服薬は日本では、有効性に関して臨床試験が行われておらず、安全性が確立していないからなのです。

しかしAGA専門クリニックでは、海外からミノキシジルタブレットを輸入してまで医師が処方しています。
推奨度が低いにもかかわらず、ミノキシジルタブレットの発毛に関する効果は高く、AGA治療には欠かせない存在となっているのです。

ミノキシジルについて

初めにミノキシジルについての紹介です。
ミノキシジルは1960年代にアメリカの製薬会社であるアップジョン社、現在の「ファイザー」が創製した物質です。

ミノキシジルという物質は体内の血管を拡張させる作用を持つ、血管拡張剤として開発され、高血圧症の改善薬としての使用が想定されていました。
しかし実際にはそこまでの優れた高血圧症改善効果が現れず、血管拡張剤としての運用は見送られることになり、治験薬の回収が開始しました。
しかし回収の際、返却を拒否する人が多く、その人物が揃って薄毛の改善効果があったと答えたことから再度研究が行われ、現在のように薄毛治療薬としての効果が判明しました。
そして新たな実験・研究の末に、1980年代に「ロゲイン」という育毛剤として販売が開始しました。

ミノキシジルの薄毛を治療する効果は、優れた血管拡張作用によるものです。
頭部の毛細血管を拡張させ、毛包や毛母細胞という髪の成長に関係する部位に血液を送り込みます。
また、同時に栄養が送り込まれます。
これにより髪を一気に成長させていくことができるのです。

ミノキシジルは外用薬と内服薬がある

ミノキシジルタブレットであるノキシジルのご説明をしましたが、ミノキシジルには内服薬の他に外用薬もあります。

・ミノキシジル外用薬
頭の気になる箇所に継続して直接塗り込むことで、薄毛を改善、発毛を促進させます。
外用薬は内服薬に比べて副作用が起きにくいと考えられています。

日本では大正製薬のリアップが1999年に発売され、日本でミノキシジル外用薬はリアップのみでしたが、2017年には他の製薬会社からもミノキシジル外用薬が販売されています。
ミノキシジル外用薬として世界で一番最初発売されたのはロゲインで、海外ではロゲインが主流となっています。
日本でミノキシジル外用薬に配合されるミノキシジル成分は5%までと定められていますが、海外では10%配合のものも販売されています。

・ミノキシジル内服薬
毎日継続して服用することで、薄毛を改善発毛を促進させます。
外用薬と成分は同じですが、身体の中から改善していくことで、外用薬よりも効果があると考えられています。
しかし、効果がある分比較して副作用も外用薬よりも高くなっています。

ロニテンのジェネリック

薄毛に対して非常に高い効果を持つノキシジル、この製品はミノキシジルを配合して作られている医薬品の「ロニテン」を基にして作られたジェネリックの製品です。

ミノキシジルを配合した医薬品というのは一般的には外用薬、つまり皮膚に対して塗布して使用する医薬品です。
したがって、ミノキシジルを配合した育毛剤というのは一般的には患部に対して直接塗りこむ製品となるのですが、ロニテンは経口薬です。
使用する際には直接経口より摂取、その後胃や腸で溶け出して吸収された後、血液とともに体内を循環し、全身に効果を行き渡らせます。
ノキシジルはこのロニテンを基にして作られた医薬品であり、服用の際にはロニテンと同様の仕組みにて効果を発現させます。
ノキシジルの使用によって現れる効果の強さはロニテンと同等のものであり、今まで髪が抜け落ち、薄くなっていた頭部に対して黒々とした立派な髪を生やすことができます。
そして価格もジェネリックであるという特徴があることから、基となったロニテンと比べても安くなっています。

ロニテンとは

ノキシジルの基となったロニテンとはどういった医薬品なのか、簡単に紹介します。
まずロニテンはミノキシジル製剤(外用薬)および、ロゲインを作った「ファイザー
によって製造されている医薬品です。
ロニテンの特徴は、一般的な外用薬のミノキシジル製剤とは違い内服薬であるという点です。
直接経口摂取を行った上で体内に薬効を行き渡らせ、髪の成長を促すという使用効果があります。

外用薬のミノキシジル製剤は、頭皮を経由して成分を浸透させ、体内に入ったミノキシジルを毛細血管から吸収させることにより、効果を発揮させるものです。
使用した部位に対してピンポイントで効果を発揮するというメリットはありますが、効果が現れている部位とは違った場所は平常時と変わりがありません。
そのため、効果の無い部分とある部分の境目がボトルネックとなり、効果が弱まる場合があります。
しかし内服薬の場合、体内から全身に効果を行き渡らせるため、体内の血管全てが拡張、その結果途中で血液の流れが弱まること無く、確実に髪の成長を促すことができます。

ジェネリックについて

次に「ジェネリック」というものについての紹介です。
ジェネリックは日本語で「後発薬」と呼ばれる種類の医薬品です。
ジェネリックの大きな特徴は以下の二点です。

  • 先発薬という既存の製品を模倣して作られているため、販売価格が基となった製品よりも安い。
  • 使用効果などに関しては一般的な医薬品と違いはなく、同一の効果がある。

ジェネリックは、使用感や使用効果といった体感的な部分に関する違いはほぼありません。
しかし薬の価格、そして剤形といった使用効果とは全く違った部分に非常に大きな違いがあります。
ロニテンのジェネリックであるノキシジルは、使用効果こそロニテンと同じものですが、価格などの要素で大きな違いがあります。
より便利に使用することができるのです。

AGA治療薬として活躍

ノキシジルは育毛剤のなかでも「AGA治療薬」という種類の育毛剤です。
この製品というのは、薄毛の中でも男性にのみ発症することが知られている症状、AGA(男性型脱毛症)の改善に使用されるものを指します。
AGAは一般的なストレスなどによって起こる脱毛症とは違い、体内に存在する男性ホルモンが原因となり、髪の成長サイクルが崩壊する事によって起こる症状です。
したがって、治療方法としては男性ホルモンの活動を抑制するか、もしくは男性ホルモンの影響によって崩壊した髪の成長サイクルを元に戻すという方法で治療する必要があります。
ノキシジルはこの2種類の治療方法のうち、髪の成長サイクルを元に戻す事によってAGAを改善する医薬品です。
また、ホルモンバランスの乱れといった症状に不安を感じることなく、AGAを改善できる製品だとも言われています。

ミノキシジルを含む他の医薬品

ミノキシジルは優れたAGAの治療効果がある製品であり、非常に多くの医薬品に配合されています。
製品ごとに剤形も違っており、液体状の製品もあれば、錠剤型の製品も存在しています。
そして剤形が違えば当然ですが使用方法にも大きな差が生まれ、その結果発生する使用効果の強さといった点も異なります。

ここではミノキシジルを配合した医薬品、いわゆるミノキシジル製剤にはどういった製品があるのか、というのを一部紹介します。
ミノキシジルによる育毛を行いたいという時には、以下の情報から使用目的や使用方法をチェックした上で、最も使用しやすく、そして自分にとって効果が高いと思える製品を探してみましょう。

ロゲイン

最初に紹介するのは「ロゲイン」です。
ロゲインは1980年代にアメリカのアップジョン社、現在のファイザーが製造と販売を開始したミノキシジル配合の育毛剤です。
剤形は液体状の製品とフォーム状の2つがあり、どちらも外用薬として使用するのを想定しています。
使用方法としてはAGAの発症によって薄毛となっている部位、例えばつむじの部分などに対して直接薬液を塗布する、もしくはフォームを患部に乗せてマッサージをするように浸透させます。
そうすると頭皮に対してロゲインの成分が浸透していき、皮下にある毛細血管に対してミノキシジルが浸透、毛細血管の拡張によって毛髪の成長を促進させていきます。

ツゲイン

次に紹介するのは「ツゲイン」です。
ツゲインはインドのムンバイに本社を置く「シプラ」という製薬会社が製造と販売を行っている育毛剤で、「ファイザー
が製造している育毛剤、ロゲインを基にして作られているジェネリックの製品です。
ツゲインとロゲインの大きな違いとしては、配合されているミノキシジルの量があります。
ロゲインはミノキシジル配合量が1%と5%の製品しかありませんが、ツゲインは2%、5%、10%と3段階の製品があります。
そのため、ロゲインの5%を使用しても効果が現れないという人は10%を使用する事により、より効果が得られやすくなっています。
剤形は液体状であり、使用の際には患部に直接薬液を塗布、そのまま浸透させて血管を拡張させる事により、毛髪の成長を促します。

ミノクソール

次に紹介するのは今までに紹介してきたミノキシジル製剤とは違い、経口薬です。
製品名は「ミノクソール」という製品で、こちらはインドの製薬会社である「スマートメディサイエンス」が製造と販売を行っています。
ミノクソールはロニテンを基にして作られたジェネリックのミノキシジル製剤で、形状は錠剤型をしています。
服用する際には通常の錠剤と同じく、水や白湯を用いて飲み込みます。
体内で溶けたミノクソールが吸収され、血液に乗って全身に行き渡ります。
その結果、体内の血管がミノキシジルの作用によって拡張、毛髪の成長に必要な血液と栄養分をより効果的に毛包や毛母細胞に対して供給し、髪の成長を促します。
経口薬であるため、副作用の現れやすさなどは外用薬と比べて強くなっていますが、使用時の効果の強さはより優れたものになっています。

ロニタブ

最後に紹介するのは「ロニタブ」です。
ロニタブはインドに存在する製薬会社の中でも非常に大手の製薬会社である「インタスファーマ」が製造と販売を行っている、ロニテンのジェネリックです。
ロニテンを基にして作られている製品のため、配合されている成分は基となったロニテンを同じくミノキシジルであり、使用時に現れる効果などは同じ効果となっています。

ロニタブは外用薬ではなく経口薬であるため、口から摂取し体内で吸収され、血液とともに全身に成分を行き渡らせます。
したがって、外用薬を使用した際に発生する塗りムラを起こすこと無く、確実な育毛効果を発揮します。
内服薬は全身に効果が及ぶ関係上、副作用も起こりやすいという難点がありますが、その難点を踏まえてもなお優れた効果のある製品である、といえます。

外用薬と内服薬を同時に使っても良いのか

ミノキシジルの外用薬と内服薬を同時に使用することは可能です。
しかし、外用薬も内服薬も同じ有効成分ですので、使用する量は調整しましょう。

ミノキシジルは発毛効果は期待できますが、AGAの進行を抑えることはできません。

そのため以下で紹介するAGA治療薬との併用がおすすめです。

ザガーロ、プロペシアでの併用がおススメ

ザガーロやプロペシアは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれるAGA治療薬で、AGAの原因を阻害することで、AGAを抑制する効果があります。

AGAの進行を止めてくれるザガーロやプロぺシアとミノキシジルを併用することで、Wの効果を得ることができます。
AGAクリニックなどでも併用のセットなども販売されていて、AGA治療の最強コンビとなっているため、大変おすすめです。

まとめ

AGAの症状を改善する際に効果的なミノキシジル、この成分を配合した医薬品の中でも特に高い人気を誇る製品が「ノキシジル
です。
ノキシジルはミノキシジルを配合した医薬品の中でも、経口より摂取する事によって効果を発揮する「経口薬」という種類のものです。
経口薬は体全体に成分を行き渡らせる事により、外用薬のような効果のムラを生み出すこと無く、そしてより強力にAGAの症状を改善していきます。
AGAの発症により薄くなってしまった髪を以前のようにフサフサとした状態に戻したい、薄毛を治療したい、そんな時にはミノキシジル製剤であるノキシジルを使用してAGAを抑制し、自分の髪を取り戻しましょう。

タイトルとURLをコピーしました